スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美白に効果のある食べ物と言えば?

美白に効果のある食べ物と言えば?


お肌の大敵といえば、まず紫外線。


紫外線に当たると、お肌はメラニンを生成し、活性酸素が生まれて老化が進みます。
これを抑えてくれるのが「ビタミンC」で、これは美白の特効薬ともいわれ、積極的に摂取することでかなりの効果が期待できます。


多く含まれる食品は、ブロッコリー・芽キャベツ・ピーマン・イチゴ・小松菜・ほうれん草・柿・カリフラワー・緑茶・トマト・メロン・キウイなどです。


これらの野菜や果物を意識して取りいれ、健康的にキレイな肌を手に入れたいですね。


いくらメイクできれいになっても、体の中がボロボロでは意味がありません。
身体を健康に保ち、その上で美白に取組むことで、本当にキレイになれるのです。


そういう私も、20代の頃には会社勤めの忙しさで食事に気を使う余裕がありませんでした。
朝食は食べる時間が無く、昼食はファミレスなどで外食、夕食は出来合いのものを買って自宅で食べる、という食生活。


もちろん肌はボロボロで、いつもイライラしていました。


おまけに体調までおかしくなり、通勤電車で気分が悪くなり途中下車することが増えました。


ホームのベンチで休んでいると、駅員さんがやってきて「大丈夫ですか?」と声を掛けられます。


「大丈夫です」と言ってはみるもののなかなか立ち上がれず、再乗車して車内で不調をきたされることを心配した(電車が止まっちゃいますから)駅員さんに両脇を抱えられ、乗務員室(?)に連行されたこともあります。


そこで「朝食は食べましたか?」と聞かれ、食べてないくせに怒られるのが怖くて「トーストを…」とウソをつきました。
ええ。
28歳の時のハナシですとも。


そんな私もそれから間もなく結婚し、妊娠したことで会社を辞め、専業主婦になりました。
食事の仕度が仕事の一つとなったのです。


それまで仕事を言い訳に料理らしい料理をしたことが無かったのですが、ようやく身体を痛めつけていた食生活を見直し、中からキレイになるチャンスが巡ってきたわけです。


一念発起して、特にブロッコリーやピーマン、トマト、小松菜などの野菜を意識して使い、食後にはキウイやイチゴをたくさん食べました。


妊娠中ということもあって、かなり気を使った食事内容だったと思います。
それに加え、睡眠もしっかり取るようにしていました。


すると…。
本当に変わるんですよ。
肌って。


特に化粧品を変えたりはしていないのに、肌のカサつきが無くなって、透明感が増しました。
黒子や濃いシミは消えませんが、目の周りにうっすらとあったシミは薄くなったようです。


どう見ても30代だった顔が、25歳くらいに見えます。


夫が喜び、友人が驚きました。


美容で一番大切なのは、まず「健康であること」です。
そうでなければ、いくら肌が白く美しくなっても意味がありません。


「美白」に役立つ食べ物は、身体を健康にする食べ物でもあります。
積極的に摂って、健康的に、きれいになりましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 激安のチラシ印刷 大阪府
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。