スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強運暦とはどういったことか?

強運暦とはどういったことか?

暦やカレンダーというものはどの家庭にもある必需品であるかと思います。
その中でも「強運暦」というものが存在することはご存知でしょうか?

これは西田気学研究所編として発刊されている書籍なのですが「強運暦 幸運をつかむ!吉方位 吉時間帯つき」として人気を博しているシリーズです。
他にも強運暦というものはあるかと思いますがとてもポピュラーな強運暦として人気の続いているものがこの一冊です。

内容では風水での9星をもとにした運気の流れや、幸運の方位などその年のものが細やかに書かれているようです。
この書籍は書店はもちろんのこと、インターネットやコンビニエンスストアの通信販売でも購入できる事からその人気が伺えます。

以前、私自身が家庭で使用していた強運暦というものは日めくり式のものでした。
365日、毎日が運勢の違う日の積み重ねであり占いなどテレビ番組などで運勢を見るのも良いのですが
日めくりや書籍など、強運暦が紙ベースになっている事で忘れにくく、朝見ると心がける事が残ってくれるようでもあります。

人間の脳は活性化した状態でないと、せっかくの運気も取り逃がしてしまう場合があります。
強運暦は二回、三回と読むことが出来、それが脳に残るため活性化を助けながら運気を上げてくれるのです。

毎年必要になる暦ですがついつい、もらいものの物で済ましてしまいがちです。
しかしながら毎日見るものほど大切なものであり、強運暦を心に残しながら送った365日は
もしかするとその他のカレンダーなどで過ごす日々とは違ったものになるかもしれません。

なによりも「強運暦を毎日見ている」という意識がすでに、開運の扉を開けているからかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。