スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古マンションのリフォームは先か後か?

中古マンションのリフォームは先か後か?


中古マンションを購入する場合、選択肢が二つあります。
リフォームをしたものを購入する場合と、
先住者の方が引越しをされた状態で購入する場合です。

以前住まわれた方がそのままの状態で明け渡されたマンションは、
家具などの荷物が出た後は、予想以上に古臭く感じます。
生活されているわけですから壁や床やお風呂や台所など、
生活の歴史が沁み込んでいるんです。
それらを見ると急にテンション下がる人もいるみたいです。


キレイにリフォームされている場合は、見た目新築同様です。
ただ、自分が思うようにはデザインされているわけではないので、
気に入ればいいですが、気に入らない場合はこれもテンション下がります。


自分の思うようなお部屋にしたい時は、そのままの状態で購入し、
リフォーム会社に依頼することになります。
よくあるのは、仲介業者がリフォーム会社を紹介してくれるパターン。
この場合は、仲介業者へのマージンが上乗せされるので、
直接リフォーム会社に依頼する場合より高くなることが考えられます。


また、リフォーム会社の方が、TOTOやINAXのショールームに、
同行してくれることがあります。
キレイなモデルルームで気持ちも高揚し、買う気満々になったあなたの前で、
担当者とリフォーム会社さんで話が進められます。
その際、数十万円規模で値引きができることを提示することがあります。


そんなに安くなるのかと喜ばれるかもしれませんが、ちょっと待って。
その場合もちゃんと裏でバックマージンが
リフォーム会社へ支払われることが多いので冷静になることです。

一つ前のデザインであれば、値引き幅が大きく、
想像以上に安くなることがあります。
事前にサイトなどで価格をチェックしておくことをオススメします。


TV番組のビフォーアフターのように、持ち主がまったく見ないまま、
出来上がって感動する夢のようなリフォームが出来ているというのは
ありえないと思っておいたほうが無難です。


どちらにしても、リフォームは業者との信頼関係のうえで良いものができるのです。
細かな打合せなど何度も話し合い、金額も確認をきちんと取るようにして、
誤解や勘違いがないようにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。