スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内のお花見スポットについて

都内のお花見スポットについて


どうもです^^
みなさんお花見シーズンがやってきましたね☆”
都内のお花見スポットといえばどこでしょうかねぇ?


わたしは毎年上野公園のお花見に行ってますね。
他は都内だと代々木公園が多いかな~。


でもほかにもいろいろとお花見スポットありますからね☆
みなさんもぜひぜひ都内のお花見スポット調べてみて、いいスポットあったら
わたしに教えてくださいね^^


変わることなしに忙しくて、 ブログムリョブではないです。


どうしても基礎セミナーの原稿を印刷所に渡してくれた。結局 190 ページの中の中の厚さになった。そして今度は 「文章表現」の原稿をちょっと訂正しこりが残ることイッヌンも印刷に。


忙しいことは、 自分の評価・点検報告書を書き始めたからだ。短期大学の総括みたいな文書をとに使う細細しくて細細しくてそれに数字を入れながら使う。今これにかかった以後路で、 とにかく休むことができない。


以前には3月だと言うと、 かなり時間があって本も読めたしリハビリテーションで身の手入れをしていた時期であって、 今は、 寿命をマズルイは時期になってしまった。何と言う偶然に会うように限りだ。一体どんな罪を犯したというのだ。(わ)と思わず泣き言を言うようになる。


今(もう) 3月だ。サクラの満開時期には私は中国へ行ってあるようだ。私のマンションの庭の佐久という無惨にも植木屋に行くのを儲けなさいと終わらせた。あまりザララドンがで切ったと言うことだが、 もちろんマンションの管理人が頼んだが、 このサクラを期待していたが、 何でベア、 ゲイゴッも思わず泣き言を言いたくなる。「サクラ切る馬鹿」と言うことが分からないなのか!


付け加えて 「サクラ切る馬鹿、 梅切らない馬鹿」と言う。梅は丈夫な数なので枝を切っても何気ない。むしろ、 行くのを切って生命の危機感を感じらせなければ花を咲かせないと言われている。しかし、 佐久という役で、 元々路からだが弱い数なので枝を切れば不必要に弱くなって萎んでしまう。サクラが毎年美しく咲くことは、 いつも危機感があるからインゴッインダ。そのサクラをザルダニと思ったが、 ムォゾングワンサが切っているので、 そこは死なないように、 長生きする切る方法をしたゴッイダと思う。ただ、 今年は咲かないだろう。花芽はほとんどないからだ。


24日から 30日まで中国の調査。帰って来る頃には、 佐久という満開であるでしょう。28 普段が花見であるでしょう。マンションの住人の花見にもそのあたりだが、 私は中国から出ることができない。花見の係は我家だが、 奥さんに努力するようにするしかない。サクラを切っても花見はするようだ。そうだとすることも、 周りにはかなりサクラのことがあるからで、 どんな望むことでサクラが咲くのか待たれることはする。去年のサクラの時期はまだ過ぎて来ていなかったから。


都内のお花見スポットについてでした。
それではみなさんまた次回のお花見情報でお会いしましょう!

テーマ : 新製品
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。