スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームの診断基準について

メタボリックシンドロームの診断基準について


本日はメタボリックシンドロームの診断基準について書こうと思います!!
メタボリックシンドロームの診断基準ってことを聞いてみなさんどう思いますか?
ってか、何をイメージしますか??


みなさんはメタボリックシンドロームの診断基準ってきくと、、、「まったくわかんないっす??」って思います。>_<
ってことで、今回はメタボリックシンドロームの診断基準について、ブログに書きたいと思います^^


去年 11月に受けた会社での定期健康診断の結果で 「メタボリッククシンドロムです」と言うありがたくない評価を受けたおかげさまで, 3ヶ月後の追跡の調査が先日でもした。


その血液検査の結果を今日入りました。その結果, 中性地方の値段がどうする英文なのか 2倍以上に目立ってしまって, コレステロールと中性地方の量を下げる薬を飲む具合になってしまいました。また, 合わせて肝機能の値段も良くなかったから, 「地方間の心配もあるので, エコーで調査して見ましょう」と言うようになりました。


「食生活に問題でも→」と思ったんですが, 現在, 酒は遠慮しているし, おやつもしていないです。あれほどカロリーの高いことを食べていることもないです。


意思では 「体重を落とせば, 数値は改善する」と言われました。しかし, 1月の日記に書いたようにビリズブトケプを続いていますが, 效果はないです。体重は現象ユージーン振られます。
体質的な品物かも知れないですが, 中性地方は, 自信において, かなり手ごわい相手になるかも知れないです。


では、メタボリックシンドロームの診断基準特集でした。
みなさんまた次回のブログでお会いしましょうね~^^


メタボリックシンドロームの診断基準について

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。