スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠初期の腰痛

妊娠初期の腰痛


妊娠初期の腰痛ってご存じですか?
その名の通り、妊娠の初期になってしまう腰痛のことですが、
妊娠すればかならず腰痛になるというわけではありません。
腰痛の原因にはさまざまありますが、基本的には、腰の筋肉や骨が弱まったり、
逆に負担が掛かりすぎた場合に起こります。
妊娠初期の腰痛は、妊娠初期という状態が腰痛の原因を生みやすくしているわけなんです。


女性は妊娠しますと、赤ちゃんを胎内で育てて、それを産道から通すために、
リラキシンという成分が分泌され、身体の関節などが緩くなっていきます。
そして、間接が緩くなってしまうために、普通以上に負担が掛かってしまうのです。
そのため妊娠初期状態では、重いものを持ち上げたりするのは絶対にやめた方がいいです。


妊娠初期状態の女性の身体は、普段以上にデリケートになっています。
これくらい大丈夫というのは、甘い考えです。
最近では、出産ギリギリまで仕事を続けたりする人も増えていますが、
のちの身体の影響を考えますと、あまりオススメすることは出来ません。
変に間接や骨盤などがゆがんでしまいますと、出産後にも完全に元に戻らなくなってしまいます。


妊娠初期腰痛も、普通の腰痛と同じく、普段からあまり運動をしていない人の方が症状がでやすいです。
かといって、普段から運動をして腰に筋肉が付いていたとしても、
過剰な自信を持たないで、妊娠したときには安静に過ごすようにしましょう。


妊娠初期腰痛は、とりあえず出産が終わるまではどうにも治すことはできません。
ひどくなれば出産自体への影響も出てきますのでご注意ください。
とりあえず、少しでも痛みを感じたら、無理はせず安静にすることを心掛けましょう。
元気な赤ちゃんを産みたければ、自分の身体を大切にすることも大切です。


妊娠初期の腰痛についてでした。
ではみなさんまた次回お会いしましょう^^

テーマ : これがオススメ!
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。