スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新都心リアルコーポレーションのアウトレットマンション

アウトレットマンションと新都心リアルコーポレーションの今後について


アウトレットマンションといえば、テレビなどで放映され、都内の不動産会社「新都心リアルコーポレーション」が有名です。
新都心リアルコーポレーションはアウトレットマンションに力を入れているのは、一目瞭然で、みなさん知っての通りですが、最近では面白いタイプのアウトレットマンションの計画をしているようです。


昨年の6月に発表された新都心リアルコーポレーションの新たな企画は社宅をまるごとリニューアルし、アウトレットマンションにしようという計画です。
この企画に上がる社宅、もとは「JT(日本たばこ)」の社宅で92年築の総戸64戸、専用面積は81.08㎡と81.55㎡の2タイプで、部屋としてはなかなか広めですね。


新都心リアルコーポレーションは共用部分のセキュリティー設備を一新するほか、基本的な住居設備も交換するとのことです。
また、グレードに合わせての数タイプリニューアルの他にも、顧客個別のオーダーにも最大限の対応を見せる方針のようです。


このような、社宅のアウトレットマンション。近年は不況の影響で社宅を手放す会社も少なくはないでしょう。
新都心リアルコーポレーションのように、大がかりな改装や設備のリニューアルに乗り出せば、入居者も期待でき、またこの物件はアウトレットマンションなので金額も通常以下と考えられます。
今後は社宅からアウトレットマンションになる物件が、さまざまな地域で増え、手が届きやすい金額で購入できるでしょう。

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。