スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションの売却は、慎重にするべき本当の理由とは?

マンションの売却は、慎重にするべき本当の理由とは?


「マンションを売りたい」「マンションを買い換えたい」そんな時、
専門業者である不動産会社に依頼することになります。


不動産売買の知識のない人が、自分で相手を探して売るということは
現実的でないことは、理解できると思います。
また、知り合いの人に譲るとか、親戚の人に売るとか、身近な人に売る場合も、
間にお互いの知人でない仲介業者を入れることをオススメします。

意外に売った後でもめる事があるからです。
自分は誠意を持って安く売ったつもりでも、
同じような物件が自分が購入した価格より安いものを見つけたときは、
たとえ良い関係であったとしても面白くないものです。


だから間に専門業者に入ってもらい、相場を教えてもらって、
双方納得のいくよう第三者に価格の折り合いをつけてもらうほうがいいのです。


マンションの売却を考えた時、中古マンションを取り扱う不動産会社が、
同じような物件の「相場」はこのくらいだからこの金額で買い取ります。
というような提案をしてきます。


ここで、「はいわかりました」と、すぐに納得してはいけません。
もちろん善意の不動産会社であることが前提ですが、
それでも売却価格に相当差がでることがあります。


例えばその不動産会社が買い取ったマンションを自社でリフォームして再販する場合、
少しでも安く買い取ろうとするのは企業なら当然のことです。
提示する「相場」も日々変化していますから、安いときの相場を提示していることもあります。
また、数社の不動産会社に相談しても、裏でつながっている場合もあります。
売却を考えた時、よほど金策に困って早く手放したい場合を除き、慎重にも慎重を重ねましょう。


検索サイトで、マンションの相場を調べる事もできます。
しかし、それをそのまま信じないで、だいたいの金額を頭に入れて、
最低限度の情報を仕入れて、不動産業者に依頼しましょう。


自分のマンションを割安物件にされないとも限りませんから。

テーマ : おすすめ商品
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。