スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古マンションの格安物件は問題物件?

中古マンションの格安物件は問題物件?


実際に裁判沙汰になった中古マンションがあります。
それは・・・・
訳あり物件という、有難くない問題物件のことです。


例えば、殺人や自殺があった物件。
戸建住宅では問題物件は、更地にして販売されることがあるようですが、
販売する不動産会社は購入する人に訳ありだということを告知しなければなりません。
しかし、訳あり物件を購入した別の不動産会社が知らないで購入した場合、
その不動産会社から購入した買い主は、後で知る事になったとしても泣き寝入りとなります。


中古の戸建住宅や更地の場合は、近隣の住民に聞けば、
教えてくれることもありますから、必ず自分で調べることです。


中古マンションの場合はどうかというと、もちろん訳あり物件はあります。
ただ、問題なのは中古マンションは更地にできないということです。


また、マンションの住民は、近隣と希薄な付き合いをされる方が多く、
特に投資で購入していたマンションを手放すという場合、
持ち主がそこに住んでいないので、近隣が知らない場合もあります。


また、訳ありの中古マンションの隣の住民が引越している場合もあり、
団地などの戸建住宅ほど情報は集まりません。


もちろん、そんな訳ありでない本当の格安物件も、ほんの少しはあるでしょう。
購入の際は、「なぜ格安なのか」その理由を確認することです。


最近では、孤独死したマンションをすべてリフォームして、
リノベーションマンションとして販売されていることもあります。


そんなの気にしないという強心臓の方には、魅力的な物件ではありますが、
周囲の噂になることも覚悟してください。


わたしは、オススメしませんが・・・・・。


中古マンションの格安物件は問題物件?についてでした。
それでは、また次回のマンション・不動産情報でお会いしましょう!

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。