スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古マンションを買うときは、駐車場を見落とさないでください

中古マンションを買うときは、駐車場を見落とさないで


売り出されている中古マンションの平均築年数は約18年です。
ちょうどバブルの頃の物件が多く、景気の良さを反映した優良物件も多くあります。
購入を考えている方には買い時と薦める不動産会社営業マンはあながち嘘はついていません。


関東圏、それも東京都の中心部の中古マンションと、
地方の中古マンションでは、価格の差ももちろんですが、
そのマンション自体に大きな差があります。


顕著なのが「駐車場」です。
わたしの知り合いが東京都港区に住んでいるのですが、
駐車場を必要としていません。
車を持っていないのです。


港区は、公共交通機関が充実しており、
どこに出かけるにも地下鉄やJRで行けます。
それに、マイカーを抱えたらどこに出かけるにも渋滞と
行き先の駐車場確保で頭を悩ますことになります。


地方に住んでいる人には笑い話になることがあります。
東京都心に住んでいる人が、マイカーに乗るために、
駐車場に行くために地下鉄で20分かける・・・まさにブラックジョークです。


でも、静岡から東京に毎日新幹線で通勤していることが
さほど驚くことではない都心と、地方では駐車場に対する思いに大きな開きがあるのです。


地方でも、バブルの頃に建てられたマンションには、
全戸分の駐車場がない場合があります。
中古マンションの近辺でまず駐車場を探さないと購入できません。


東京と違い、地方では「足」となるクルマは生活に必要不可欠なのです。
田舎に行くほどクルマは重要で、都心ほど交通機関が充実していないので、
郊外のスーパーにでかけるにも足が必要となります。


どちらにしても、中古マンションを購入する際は、
駐車場の確認をぜひするようにしてください。
でないと、購入後に駐車場代が高くついたり、探すハメになり慌てることになります。

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。