スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古マンションでも地価を調べて価値を知る方法とは?

中古マンションでも地価を調べて価値を知る方法とは?


中古マンションの購入を考えた時に、戸建住宅ほど地価を考えない方がけっこうおられます。
それは、戸建住宅の場合は土地はすべて持ち主のものですが、
中古マンションの場合は共有不動産となるので、そこまでの重きをおかないのかもしれません。


しかし、マンションもいつ生活情勢が変化して売却することになるかもしれませんし、
買い替えを考えることになるかもしれません。


マンションは、立地条件の良いところから建っていきます。
立地条件の良いところは地価も高めです。
ただ、マンションが建った頃と現在では、町の様子が変貌してしまった場合もあります。

例えば近くに国道が走ったとか、近くの大型スーパーが撤退してしまったとか、
今までは静かだった環境が、娯楽施設が近くにできて煩雑に人の往来が増えたとか。


中古マンションは築年数の経過による老朽化や管理状態のほかに、
社会環境の変化や公共交通機関の変化で大きく価格が変動することがあります。


もちろん中古マンションを購入する場合、現地でチェックされるでしょう。
でも、建物ばかりに目がいき、周辺のチェックや交通機関の時刻表のチェックなどが
おろそかになっている人も少なからずおられます。


住みだして「しまった!」と思っても遅いのです。
必ず購入前にしつこいくらい確認しましょう。

そして、将来のために地価を必ずチェックして、
建築時の地価と現在の地価を調べ、そのマンションに人気があるのか、
築年数による価格の下げ幅と地価の変化はどうなのか、
不動産会社にきちんと説明してもらいましょう。

テーマ : 今日のニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。