スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古マンションを仕入れるにはまず懐に入る? お得な不動産・マンション情報!

中古マンションを仕入れるにはまず懐に入る

リノベーションという言葉を知っていますか?
最近ちょっと流行のマンション販売形態です。


中古マンションを仕入れて、新しいデザインでリフォームして
新築マンションのようにキレイにしてから販売しすることです。


これだと、中古マンションに付加価値が付き、高額で販売できます。
また、購入するほうも、自分の好きなデザインや什器であれば、
中古マンションを購入して自分でリフォームするより、
手間も時間も予算も軽減できることがあります。


わたしの知り合いの不動産屋さんが、もう5年前にこの中古マンションを仕入れて
綺麗にリフォームして販売するということをしていました。


早くにリノベーションに手をつけていたわたしの知り合いの不動産屋さんは、
最近では中古マンションの仕入れが難しくなってきたと嘆いていました。


というのも、大手の不動産会社が乗り出してきたからです。
小さい成功をいくつか見て、市場が活性化しそうだと
大手が乗り出してかっさらうという図式は、どの業界も一緒みたいです。


でも、知り合いの不動産屋さんも負けてはいません。
優良の中古物件をいかに仕入れるか、
そこが中古マンションを高く売るためのポイントで、
そのためのノウハウをどのくらい持っているかで差が付くのです。


例えば、中古マンションを売りたい人はどんな人に情報を流すでしょうか?
中古マンションを買ってくれる人を探すために仲介業者を探します。

いえいえ、もっとその前に売りたい情報を流す相手がいます。
それは気心が知れた友人、マンションの管理人、そしてここがミソなんですが、
町内会の集まりなどでの飲み会の席です。

良い仲介業者の知り合いがいないか身近の知り合いに探りを入れるのです。
その時点での情報を集めないと、仲介業者に話を持っていかれると
入り込む余地がなくなってきます。


特に、立地条件の良い中古マンションは、どの不動産会社も目をつけています。
地元の不動産屋だということだけが強みの小さな不動産会社は、
地元密着でコミュニケーションの良い関係を築き、
懐に入っておくことが一番の仕入れ方法なのです。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。